So-net無料ブログ作成
検索選択

「あの歌がきこえる」 重松 清 [小説]

先日、東京出張の往復で一気に読んだ。
「あの歌が聞こえる」 重松 清
あの歌が.jpg
1970年代から80年代に、
中高生時代を送った世代には、
それぞれの形で、ぐっと来る物語ではないだろうか。

3人の「ワカゾー」男子中学生が、いろんなことにぶつかりながら
成長していく、まさに青春物語。
特徴は、それぞれのシーンに出てくる「歌」が
各章のタイトルになっていること。
たとえば・・・
オクラホマ・ミキサー(懐かしきフォークダンスの曲ですね)
DESTINY
いなせなロコモーション
さよなら
トランジスタ・ラジオ などなど

ちょうど、この主人公たちと年齢がかぶる私としては、
なんとも、懐かしいような、思い出してこっぱずかしいような、
そんな思いで、胸がちょっと、キュンとなりました。

青春の思い出は、その時の「歌」がセットになって
心のアルバムに貼り付けられているものだけど
人によって、そのシーンは様々なんだな・・とも思いました。

それぞれの、あの頃の自分に出会える1冊です。
久しぶりに、吹き出しながら、涙しながら読んだ1冊でした。

おすすめです。

P9207868.JPG


P9207874.JPG


<E-1+ZD50-200mm>


nice!(3)  コメント(6) 

nice! 3

コメント 6

こうちゃん

昔は読書をよくしましたが
老眼鏡が必要になるようになってから
読まなくなってしまいました。
面倒がっちゃ、ダメですね。
by こうちゃん (2009-11-02 23:54) 

korekore

よく読んでますね。
私は今 「沈まない太陽」 です。
九州へ行く往復で第一巻を読み上げて、次に早く進みたいのですが、
いろいろと忙しく広げる時間が取れずにいるところです。

今回は、新幹線だったので、小倉を通る時にしっかり窓の外に目を向けてみました。この間の教会が見えるかなぁーと思って。。。
探せませんでしたが (^_^;)
by korekore (2009-11-04 10:43) 

K2

こうちゃん
私も、ここ1年ほどで、老眼が入ってきてしまい、
百円ショップで買った老眼鏡を持ち歩いてます。
つ、つ、つらい・・・
by K2 (2009-11-04 12:41) 

K2

korekoreさん

こういう小説だと、ほんとにどんどん読めるんですが、
もう少し、堅い本も読まなくちゃなあ・・と思っている今日この頃です。

このあいだの教会は、
福岡市西区のあたり、マリノアというあたりです。
お近くにお越しの際はぜひ。
by K2 (2009-11-04 12:43) 

sira

最近、重松作品ご無沙汰です^^
文字だけで登場人物の姿形を想像しながら
ストーリーにのめりこむのが
小説の醍醐味だと思っています。
K2さんの書評、いつも参考になります^^
by sira (2009-11-05 07:38) 

K2

siraさん

まさに、おっしゃるとおり!!
小説の醍醐味ってそこですよね!

読んだ人それぞれがイメージしている
登場人物を映像化したら
面白いだろうな~と、いつも思います。

読み終わる頃には
自分の中に、確固たる映像ができてしまってるので、
映画化されても、それとのギャップがあって
なかなか、観ようという気が起きないんです。
by K2 (2009-11-05 12:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る